FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

7/24 

さて今回のお便りです。埼玉県在住15歳学生から。
ふんふんなになに。「エロ本が買いたかったので、わざわざ家から遠いコンビニまで行って、レジが男であるのを見計らって、えいやと勇気を振り絞ってレジまでエロ本を持っていきました。その途中で、自動ドアが開いたのです。入ってきたのは、クラスメートの相原さんでした。僕は相原さんにほのかな好意を持っていました。相原さんの視線は僕の顔、右手、もう1度顔、と移動して、その瞳は僕を突き刺すようで……」なるほどなるほど。
恥ずかしい思いをしましたね。人間誰にでも見られたくない姿というものがあるものですが、それを見られたくない人に見られてしまったのですね。
僕もこないだ自慰行動(比喩表現でなく)をしていて、ふと窓の外に目をやると、煌煌とした光がみえたのです。新しくマンションが建ったのでした。先日から人が入りだしたことを失念していたのです。
今までは、僕の部屋は、誰からも覗かれない位置にあったので、カーテンには無頓着だったのです。もしかしたら僕のあられもない姿が目撃されてしまったのかもしれません。もう、おしまいです。いくら僕が、近所で、人柄のよい好青年を演じたとしても(例えば、朝さわやかに挨拶をするとか、雨の日に見かけた捨て猫にそっとかさを差してあげるだとか)、「でもあの人スイッチヒッターなんだよね」とか陰で囁かれるのです。おぞましい十字架を背負って生きていかねばなりません。おお、おお神よ……。
これは由々しき事態ですよ。もしかしたら、その新しいマンションには、僕のことを密かに慕っていた幼なじみ17歳とかが引越してきているやもしれないっていうのに。何個か引越しの候補があって、親に一応意見を求められるのですよ。そして下見に行ったときに、僕の姿を見かけたのですよ。お母さん、ここにしよう。そして引っ越してきて1日目、その日の夜。悪いこととは思いつつも、そっと窓から覗いてみると……。
あぁ、もう無為無策ではいられませんよ。なんとか認識を変えなければいけないのですよ。より強い印象を残す行動を取るのですよ。
おや、何とおっしゃる……よりディープなエロアイテムを購入する……さらに激しく自慰をする……? いいえ、生温いのですよ。その程度じゃ、転覆は期待できないのですよ。ではどうするか。簡単なことですよ。この窓のしたで、首を吊るのですよ。よりショッキングな映像をみせて、過去のいと小さきできごとを消し去るのですよ。
きみだって思っているんだろう。時をかけたいと……。
やり直しを、望んでいるんだろう。さぁ、見せてやろうぜ。百発百中の、人生最後の、大技を。
叩き込んでやれ。俺たちの、スカイダイブシュート。
どうせ、俺たちが何をしたって、彼女の記憶の片隅にも残らないんだから……。
[ 2007/07/24 23:35 ] 日記 | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。