スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

11/10 

NHKへようこそ の初回限定版は今日発売だと思っていたのですがどうやら昨日だったらしい。 
「 角川ったらいつも早漏なんだから! んもう! 」 みたいに家を出て近所の書店に向かったら既に無かったとかいう展開だった。

そのまま駅方面へ向かう途中に財布を持ってきていないことに気付いて萎えつつ家に戻ると カラスといっしょに帰りましょー とか流れちゃって、行動開始遅い僕。

そういえば近くにもう1つ書店があるなぁと思い出し、向かってみる。
6年ぶりくらいだ。
前に訪れた時はガンプラとかホビー系のスペースとエロスなビデオスペースが目に付いたが、漫画や文庫などもそれなりに揃っていた。
が、目当ての物はなくさいたまの田舎っぷりに絶望した。

おそらく店長であろう元中日ドラゴンズの幕田みたいな顔したオッサン(この例え分かりづらいんじゃないだろうか)が可愛い女の店員と仲良く話してて嫉妬。

洋楽には洋楽の良さがあるんだよ~ とかイチャライチャラと。
『 攻めたうえでのバント(失敗) 』でもしてろよと言いたくなる。
『きれいなスイング…』とでも呟いてろよ、この幕田!

「 みきちゃん(仮名)はどんなの聴くの? 」
「 え~ レミオロメンとかですかねぇ 」
「 あぁ、 こなぁぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁゆきぃぃぃぃぃぃねぇぇ 」

とか言い出しちゃう。もう見てらんない。
何が見てらんないってジェッツコミックスの新刊チェックしてるふりしながら彼らの会話に聞き耳立ててる僕。悲しすぎる。

しかも「 あははは 」とかで粉雪結構受けてる。アリか。アリなのか粉雪。

このタイミングで
「 こーこーろー まーでしぃぃぃぃろぉぉ、くぁ 」
とか僕も被せておけばよかったのか。

極めて遺憾。
次に来るのは2012年だなと思いつつ店を出た。



NHKへようこそはジュンク.comで購入した。
流石さいたま最大級の書店だなぁと思った。

漫画の内容はまたグダグダで少し萎えたけど岬ちゃんが可愛ければそれだけで良い。
大岩ケンヂが少しづつエロス上手くなっていくのを見るだけでもう良いと思うんで。

付属ゲームのシナリオ、滝本竜彦が書いてるって知らなかったんですけど、改稿作業の方はどうなってますか、先生。

[ 2006/11/10 19:11 ] 日記 | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。